色白になりたい! TOP → 色白肌の基礎知識 様々な美白成分1

様々な美白成分1

・ハイドロキノン
化粧品成分が自由化される前から医師が美白治療に使っていたと言われるほど強力な美白成分です。さらに浸透性がよくなって肌に優しい新ハイドロキノンもあり、薬用ではないのですが、高い美白効果が得られることで有名です。

・アルブチン
ハイドロキノンを安定化させた美白誘導体で、資生堂が特許を得ていましたが現在は特許がきれて様々な会社で使われています。

アルブチンはコケモモや洋ナシなどに含まるもので、チロシナーゼ酵素を阻害する作用がありますが、欠点もあり肌の奥に入りにくいと言われています。そのためアルブチンを化粧品に配合する際は、高い美白効果を得られるように浸透力を高める工夫が施されています。

・ビタミンC誘導体
ビタミンCはしみの予防をはじめ美肌には欠かせない栄養素として有名ですが、化粧品に配合すると壊れやすいと言われています。そのためビタミンCを誘導体にして安定化させたものを化粧品に配合しています。

ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制し、紫外線によって発生する活性酸素を消去する作用から美白に効果的だと言われています。コウジ酸やプラセンタの使用規制により、多くの化粧品メーカーがビタミンC誘導体を使うようになりました。

・グラブリジン
甘草フラボノイドなどに含まれている美白成分で、チロシナーゼ酵素を阻害する作用や抗酸化作用などがあり、高い美白効果が期待できます。グラブリジンは特に肝斑(かんぱん)の改善に効果的だと言われています。

色白肌スキンケア

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/