色白になりたい! TOP → 色白肌治療について ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは美容クリニックや皮膚科で受けることができる美白治療のひとつです。

皮膚にダメージを与える成分を含んだピーリング剤を肌に塗って、古くなった角質を人工的に取り除きます。こうして肌の表面を新しくすることで肌のターンオーバーを促します。

ケミカルピーリングは美肌にとって大敵となるニキビやくすみ、シミ、毛穴などの症状にとても効果的です。

ケミカルピーリングをして皮膚表面の古い角質を取り除くことによって肌のターンオーバーが正常に行われるようになると、明るくキメの整った透明感のある肌がよみがえるようになります。

日本人の肌に合うマイルドなタイプのケミカルピーリングがあります。グリコール酸を使用して余分な古い角質や毛穴にたまった老廃物などを溶かすもので、炎症を起こしたにきびを治療したり、肌のくすみやざらつきを改善するのに最適な治療法です。

ケミカルピーリング後のスキンケアはとても重要です。ケミカルピーリング施術後は古い角質がなくなって皮膚が薄くなっているので紫外線の影響を非常に受けやすい状態になります。日焼け止めを必ず徹底して紫外線にはなるべくあたらないようにしましょう。

肌もいつもより敏感になってしまうことがありますので、肌への刺激や刺激のある化粧品はなるべく避けるようにしましょう。

一般的にケミカルピーリングは肌のターンオーバーのサイクルに合わせて7〜10日おきに施術し、6〜7回の治療を行うことが理想的であるといわれています。

色白肌治療について