色白になりたい! TOP → 色白肌の基礎知識 色白肌とは

色白肌とは

色白肌とはその名前の通り白い肌のことで、くすみやしみのない真っ白な肌のことをいいます。色白で透明感のある肌は誰にとってもあこがれのものです。

色白肌のもとになる肌の色は、肌が生成するメラニン色素の量で決まるといわれています。メラニン色素は紫外線を浴びることによって、肌の表皮の一番奥にあるメラノサイトと呼ばれる細胞から作られる黒褐色の色素のことです。

一般的に色白の白色人種はもともとのメラニン色素の量が少なく、色黒の黒色人種はメラニン色素が多いと言われています。

そしてメラニン色素の量が多ければ多いほど紫外線に対して抵抗力があるといわれています。紫外線の影響として皮膚がんのリスクがありますが、白色人種は私たち黄色人種や黒色人種より数倍皮膚ガンになりやすいと言われています。

メラニン色素が生成されるのは、有害な紫外線が表皮のさらに奥の真皮までが入り込まないように肌を守るためで、体のバリア機能なのです。

肌は常に新陳代謝を繰り返して生まれ変わっています。紫外線を過剰に浴びてしまうとメラニン色素が大量に生成されて肌の新陳代謝がうまく機能せず、メラニン色素を排出しきれなくなってしまいます。

さらに肌の新陳代謝は、加齢やストレス、睡眠、食生活などの影響を受けやすく、不規則な生活を続けてしまうと正常に機能しなくなってしまいます。こうして肌にメラニン色素が残った状態になってしまうと、しみやくすみのもとを作ってしまいます。

色白肌を目指すのであれば、メラニン色素を生成させないことと肌の新陳代謝を正常に促すことが大切なのです。

色白肌の基礎知識

http://www.cocosab.com/結婚式 招待状


事務服 ベスト
事務服のベストなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!