色白になりたい! TOP → 色白肌の基礎知識 メラニンができるメカニズム

メラニンができるメカニズム

肌は表皮と真皮に分かれていて、表皮は肌のターンオーバーによって4週間のサイクルで新陳代謝を繰り返して生まれ変わっています。

表皮の一番下にはメラノサイトと呼ばれるメラニン色素をつくりだす細胞が並んでいて、紫外線やストレスといった様々な刺激によって情報伝達物質である活性酸素やMSH(メラノサイト刺激ホルモン)、エンドセリンが発生し、メラノサイトが活発に働くようになります。

活性酸素は細胞を傷つけて老化を促進させる物質で、癌の原因にもなります。活性酵素が発生する原因はさまざまなものが考えられますが、紫外線による刺激が最も大きいと言われています。

MSH(メラサイト刺激ホルモン)とエンドセリンは両方とも紫外線を浴びると表皮細胞から発生する物質で、メラノサイトに働きかけてメラニン色素を作りだすように命令を出すものです。

こうしてメラノサイトで作りだされた黒や褐色のメラニン色素は、肌のターンオーバーによって角質層まで押し上げられていく過程で少しずつ薄くなって角質層に到達する頃には無色になります。

紫外線によって肌が黒くなるのは角質層の無色のメラニン色素が酸化するからです。その後結果的にメラニン色素は垢となって古い角質とともにはがれ落ちていきます。

紫外線やストレス、肌への摩擦、不規則な生活など様々な影響によってメラノサイトは活性化されてしまい大量のメラニンをつくり出すようになります。

そして度重なる紫外線や間違ったスキンケアによって肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌代謝のリズムが狂ってメラニン色素がうまくはがれ落ちずに長く留まるようになり、しみとなって現れるのです。

色白肌の基礎知識

中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!