色白になりたい! TOP → 肌の悩みとスキンケア 肝斑(かんぱん)のスキンケア

肝斑(かんぱん)のスキンケア

肝斑(かんぱん)はシミの一種で、顔にあらわれる淡褐色のシミです。日本人の皮膚は肝斑ができやすいと言われ、特に皮膚の色が浅黒い人ができやすいと言われています。年齢で見てみると肝斑は30〜40代の女性たちに多いようです。

肝斑の特徴は、両頬や額などに左右対称にあらわれてべったりと見えることです。特に更年期やピルを内服している時に出現することが多く、女性ホルモンと関係していると言われ、妊娠や出産時に出現して改善しない場合もあります。

妊娠時にあらわれる場合は妊娠2〜3カ月くらいの時期に現れ始めて次第に色が濃くなっていきます。出産後は徐々に消えていくようですが、長期間に続く場合もあります。

原因のひとつに女性ホルモンとの関係性が指摘されていますが、紫外線によくあたる部位に現れやすく実際紫外線をあびることで症状が悪化してしまう場合が多いため、発症の原因には紫外線の関係性も深いと考えられています。また、ストレスなども関係しているようです。

肝斑の治療にはトラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEなどを内服したり、コウジ酸やアルブチン、リノール酸などの美白成分を外用したり、ケミカルピーリングをして肌代謝を活発にするのが効果的だといわれています。

しかしどれも即効性がある治療法ではないので改善するまでには時間がかかり、じっくりと対応していかなければいけません。レーザー治療などもありますが、安易に肝斑をレーザーをあててしまうと余計に悪化させてしまう可能性もありますので注意しましょう。

肌の悩みとスキンケア

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/