色白になりたい! TOP → 色白肌と生活習慣 色白肌と禁煙

色白肌と禁煙

白く透明感のある肌にとって喫煙の習慣はよくありません。喫煙は毛細血管を収縮させて、血液の流れを悪くして肌の新陳代謝をおくらせてしまいます。

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあり血行不良を引き起こして、肌の毛細血管まで血液が流れにくくなってしまいます。そのため肌の細胞に栄養が行き届かなくなり肌は栄養不足になって、結果として肌のターンオーバーが乱れてしまうようになります。

血行不良によって顔色が悪くなり、ターンオーバーの乱れによって古い角質がたまって厚くなる角質肥厚を起こると、肌のくすみや乾燥を引き起こしてしまいます。

タバコの煙に含まれる活性酸素はビタミンCを破壊してしまいます。成人が1日に必要とするビタミンCは100ミリグラムですが、タバコを1本吸うごとにビタミンCが25ミリグラムも破壊されると言われています。

ビタミンCは真皮内でコラーゲン生成を助けて肌のハリや弾力を保ち、メラニンが生成されるのを抑制する働きがあります。活性酸素によってビタミンCが破壊されてしまうと、細胞膜が酸化したりコラーゲンが生成されなくなって肌は老化の一途をたどってしまいます。

またタバコの煙に含まれる一酸化酸素は、血液中のヘモグロビンと結合するのでモグロビンが酸素と結合するのを邪魔してしまいます。そのため、血液が酸素を運べずに酸欠になって新陳代謝はさらに悪くなってしまうのです。

色白肌をめざすのであればビタミンCを積極的に摂取したり、禁煙に取り組んだりする必要があります。

色白肌と生活習慣

ヘキストラスチノン
ヘキストラスチノンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!