色白になりたい! TOP → 色白肌と生活習慣 色白肌と睡眠

色白肌と睡眠

午後10時〜午前2時の間にはベッドに入るのが理想的でしょう。この時間帯は午前1時頃をピークとして、女性ホルモンの働きが活発になり、肌の再生を促す時間となります。

また、睡眠中には肌のダメージを修復する「成長ホルモン」が分泌されるので、美肌と睡眠は大きな関係があります。

睡眠をしっかりととることはお肌全体、身体全体を正常に保つために必要なこととなってきます。肌は眠っている間に作られるものです。毎日しっかりと眠ることで新陳代謝が高められて、新しい肌を生成させることができます。

肌が定期的に生まれ変わることを肌のターンオーバーといいます。この肌のターンオーバーによって肌は約28日周期で新しく生まれ変わるのです。

内側で生れた新しい肌が押し出されて、古い肌はアカとなってはがれ落ちます。そしてこの肌のターンオーバーは眠っている間に活発に行われるようになります。そのため睡眠不足になると、それだけ肌のターンオーバーも不足してしまいます。

ターンオーバーが不足すると、いつまでも古い角質が残ってしまうことになります。睡眠不足が続くとさらにターンオーバーが不足しどんどん角質が厚くなっていき、肌がくすんだりカサついたり、しわやたるみを引き起こしたりして透明感が失われていきます。

成長ホルモンの分泌によって、眠っている間に新しい肌が作られます。眠りについて3時間が最も深い睡眠で成長ホルモンの分泌がピークになります。その後はどんどん眠りが浅くなっていきますので成長ホルモンの分泌も減っていきます。

この成長ホルモンを効果的に働かせて美肌効果を得るためには深い眠りがとても重要です。

色白肌と生活習慣