色白になりたい! TOP → 色白肌と生活習慣 色白肌と紫外線対策

色白肌と紫外線対策

紫外線は色白肌にとって最も大敵であると言われています。紫外線はしみを引き起こすだけでなくしわやたるみなど多くの肌トラブルの原因になってしまいます。色白肌のためにはどんな美白ケアよりも紫外線対策が重要です。

いつまでも美しく白い肌を維持していくためには、日々のほんの少しの紫外線でも対策を施す必要があります。紫外線対策は紫外線が多い夏だけに限らず年中ケアするようにしましょう。

紫外線対策として最も一般的なのは日焼け止めクリームではないでしょうか。最近では日焼け止めクリームでもきめ細かな肌に整えて素肌っぽい使用感のものや肌を明るく見せてメイクの下地になるもの、保湿効果の高いものなど様々なものがあります。

日焼け止めクリームを選ぶ際に気になるSPFですが、何のことかご存知ですか?これはSun Protection Factorの略で、日焼け止めの紫外線防効果のうちでUVBのカット効果を数値で表したもので、紫外線防御指数とも呼ばれています。

たとえば皮膚が赤くなるまでに20分かかる人が日焼け止めを塗って紫外線に当たった場合、その20分間UVBをカットする効果がSPF1です。

SPF30の日焼け止めを使用する場合は、20分×30SPFで 600分。約10時間も紫外線から肌を守る効果が持続することを意味しています。このSPF という数値は大きくなればなるほど、肌を守る効果が長続きします。

日焼け止めは日常的に使用するのであれば、SPF15〜SPF20のもので十分です。しかし、普通に過ごしていても汗や皮脂で日焼け止めが落ちてしまうと効果が弱まってしまいますので、日焼け止めを使用したからといって安心してはいけません。こまめに塗り直すことが大切です。

色白肌と生活習慣

プレラン
プレランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!