ルアーの種類、そして売れるルアーって?

Mainpic

ルアーの種類、そして売れるルアーって?

ルアーは釣りにおいて非常に重要なもの、しかも次々と新しいモデルが発売され、気が付いたら沢山のルアーがたまっているという場合も……そんなルアーも安い物ばかりではないので、処分は勿体ないです。ここではルアーの種類、そして売れるルアーについてご紹介いたします。 

 
ルアーにはたくさんの種類がある

フィッシングに使用するルアーは釣具屋さんにもネット通販にもたくさんの量が在りすぎるほどです。なのでもし購入する、となったときそれだけの種類を見てもどれがどれだか……といった状態です。釣りに没頭していく内に自分で知識をいれたり人に聞いたりしてルアーに関してもわかってきますが、しかしまずとっかかりというものは必要なもの、ここではまずはルアーの種類についてご紹介いたします。実はルアーはかなりの種類があるのですが、ざっくり分けると二種類にまず分けることが可能です。

一つはシンキングタイプという沈むもの、もう一つはフローティングタイプという浮くタイプです。サスペンドタイプもありますが、まずはこの二つに分けるのがわかりやすいです。そしてこの二つの詳しい説明ですが、まずはシンキングタイプ、これはキャストしてそのままですとそのまま沈んでいくタイプ、リールハンドルを回せばそこで沈むものを止めることもでき、止めたままで横方向に移動させることも可能です。探りたいところを探るのにとてもおすすめとなっています。釣りたい魚がどこの層にいるかわからない、という時にシンキングルアーはとっても便利です。

無防備な魚に扮することができるのがフローティングタイプなので、魚も寄ってきやすいですが、その分豪快に持ち去っていく場合もあるので気を付けて張っておきたいところです。ルアーの種類はざっくり二種類として考えておいて、この二つを用途によって使い分けがおすすめです。釣り餌で釣っている人にとっては餌の延長のように感じるかもしれませんが、ルアーは道具なのでこうした特徴を最大限利用して釣りあげたいところです。
 
 


サスペンドタイプのルアー

シンキングタイプは水中でルアーを止めると沈み、そしてフローティングタイプは水中で止めるとそのまま浮いているツルアーですが、サスペンドタイプはまた異なるものとなっています。しかしサスペンドタイプはいずれとも異なり、水中でルアーを止めるとその場にとどまるものなのです。動かずにとどまる、というのが最大の特徴となっています。サスペンドタイプは浮力からまず異なるものとなっています。


次に重さですが、フローティングのように浮くのは都合が悪いので、重めに設計をしています。浮力と重さが違う設計で、いずれのルアーとも異なるアクションが可能、春や秋のように産卵シーズンや広範囲に散るシーズンにとくに役だつアクションをしてくれるので是非利用したいところです。
 
 


ルアーの種類について

シンキング、フローティングといったルアーの種類以外にも色々な種類、主に形状や材質でわけられた種類についてご紹介いたします。これによってできるギミックが変わりますので是非チェックしておきたいところです。ルアーの種類にはスプーン・プラグ、ミノー・スピナー・メタルジグ・バイブレーションといった種類があります。これらを一つずつ紹介していきます。

スプーンはその名前から察するようにスプーンの形状をしているルアーです。これは水中に沈む時にきらきらと光るように出来ており、魚の注意をひいてくれます。リトリーブすることで小魚が動いているかのような動作も可能、非常に再現性の高いルアーです。そして次はプラグ、ミノーは木やプラスチックで出来ているルアーで非常に小魚に似ている形状となっています。また頭部にある透明なプラスチック片(リップ)が水圧を受けて、左右に振動する動きがより小魚のような動きを再現してくれます。

スピナーは回転翼とオモリがついているのが特徴で、この回転が魚を誘うのに役立つのです。見た目も非常に面白みがあります。次にメタルジグ、これは金属でできているものとなっており、棒状となっています。抵抗が少なくよく飛び、それは水中でも言えるのです。抵抗が少ない分沈むのも早く、水中での動作に非常に優れているとされています。ジグザグに動かしたりと色々な動作を加えやすく、その動作を名称にいれていジグという言葉が入っています。そして最後にバイブレーション、これは振動して動くような作りとなっており、プラスチック製です。

リップのないプラグという感じの形状をしており、ぶるぶる振動しながら泳ぐのでそれが魚の目をひきます。また物によっては内部に音がなるような玉を仕込んでいるものもありますので、音を利用した釣り可能です。他にもワームなど、魚の気を引くような形状のものがたくさんあります。これらの形状を見てそしてそれに不随する動作について考えて購入することで、よりそのスポットに的確なルアーを選ぶことができます。
 
 


釣具を買取に出す

釣りを趣味にしている人は非常に多く、自分で釣った魚を食べる、というところまでワンセットで楽しんでいる人はとても多いです。いまはまた釣り堀が整備されており、初心者でも釣りを気軽に楽しみやすくなっているのでより釣具の需要は伸びています。そしてそんな釣り業界は非常に新作発表の回転が早く、どんどの魅力的な商品が販売されている傾向にあります。安いものなら問題ないかもしれませんが、中には結構高額なものもあり、それを購入するのは少々痛い……と感じている人も多いです。

しかしそんなときに重宝するのが釣具の買取で、これから使わないであろうルアーやロッド、リールを市場価格と照らしあわせて最適な価格で買い取ってもらえます。使える状態であれば基本的に買い取ってもらえますので是非買取も検討していきたいところです。釣具を買い取ってもらう時に利用する方法は大体三つ、一つがフリマサイトなど、次はリサイクルショップ、そして釣具買取店です。フリマサイトの場合は自分が買ってほしいとおもう価格での提示が可能なので、時間はかかっても自分が希望する金額で売りやすくなっています。リサイクルショップなどの販売価格ちょっと下などで設定するとより売れやすいかもしれないです。

また新作商品においてはやはり高額での取引を行なわれているケースが非常に多いです。そして次にリサイクルショップ、この場合釣具に限らないので家の不用品を全てまとめて売りたいときに重宝しています。主張買取なども行なっていますので、家の整理の時にでも呼ぶとスムーズに買取をしてもらえやすいです。そして最後に釣具買取専門店、ここではリサイクルショップよりも詳しい知識を持った人が買取を行なっていますので、釣具の価値をより明確にしてくれます。また販売ルートについても確立しており、流通させやすい分高い金額で買ってくれるかもしれないです。

持っているものがレア品などであれば、釣具買取専門店のほうが納得のいく価格で買取を行なってくれることがあります。釣りの趣味をよりスムーズに行なうためにもとっても金策は大事!そしてそのためにもこうした釣具の買取を利用したり取引をするのはとてもおすすめです。また新しいもののほうが売れやすい傾向にありますが、中には古いものでも高額査定がつくものが有る場合もあります。 
 


ルアーで高い買取が期待できるもの

ルアーも買取価格がつくものなので、たくさんため込んでしまっているのであれば是非買取に出すのがおすすめです。もともと安いものや古いものに関しては値段が安い可能性もありますが、中には二万円以上もの値段がつくものもあったりと侮れないのがルアーの買取です。マナティーなどは特に高い金額がつけられています。そして他にも千円、二千円といったまとまった金額が期待できるものもありますので、是非買取に出すのがおすすめです。

中古品に関してもこの価格なので、新品・未開封であればより高い値段で見積もり価格がでます。ルアーで高い金額がつけられやすいものというのは一覧をネットで確認することも可能、もし自分が持っているもので新品未開封品があるのであれば、ルアーの種類を確認して一度買取価格を確認してみるのがおすすめです。
 
 


ルアーを高く売るためにやっておきたいこと

こうした買取をする場面で見る部分はやはり使用感です。この使用感が少ない備品ほど高い値段での買取が期待されていますので是非持ち込みをおすすめいたします。しかしルアーは魚を釣るときにもっとも汚れやすいもの、水中に投げ込んでアクションを加えれば汚れもつきますしキズもつきます。なので、もし使用感があってもとれそうな汚れに関しては綺麗に取り除いておくのがおすすめなのです。

釣具使ったら使いっぱなしにしてしまうのは劣化に繋がりますので、水洗いをしたり色々なメンテナンスをしている人が殆どではありますが、もし買取に出すときはもう一度状態の確認をおすすめいたします。そして細かいところに汚れがあったり錆びがついている場合はそれを取り除くのがおすすめです。壊れているものに関しては無理に修理する必要はなく、簡単に自分でできるメンテナンスを行うのをおすすめいたします。

そして次に見ることが多いのが新しいかどうかです。やはり発売から時間が経っていない商品は中古市場でも人気、買取価格も上がる傾向にあります。なのでいらなくなったと思ったら直ぐに売るのが高い値段で買い取ってもらう時のコツです。ルアーはたくさんの種類があり、またデザインも多いのでついついコレクションしてしまいがちですが、もしコレクションをする気がなく、そのまましまい込んでしまう傾向にあるのであればそれはすぐに売ってしまうのがおすすめです。
 
 


ルアーを綺麗にする時に見るべきポイント

ルアーを売る!となったときにメンテナンスの必要があるとされていますが、一体どういうところを見て綺麗にしておけばいいのか?というポイントを知っておくとメンテナンス楽になります。ルアーの汚れやすい部分についてここではご紹介いたします。商品サイクルが短いルアーは使わないと判断したら直ぐに売るのがおすすめ、という大前提もありますが、綺麗に買取をしてもらうために見ておきたい部分が特にメッキの部分です。この金具の部分が光沢あるとやはりそのぶん綺麗に見えるもの、そしてそれは十分買取時に評価されます。

ルアーは汚れが目立ちやすい釣具なので、どうしてもメインの部分を綺麗にしがち、それももちろん大事ではありますがメッキなどといった細かい部分も綺麗にしておくことで印象が全然違うのです。印象を良くする、というのは買取においてとても有利、そしてこれはルアーだけではなく他の釣具においても言えることです。状態を問わず買取をしてくれますが、それでも少しでも買取価格を上げたい!と考えるのであれば、前もって綺麗にしておくのが大事です。また電動リールについては充電をしておいて、動作確認がしやすいようにしておくのもポイントとなっています。

また、ルアーは複数所持している人が殆ど、なのでもしいらないルアーがあるのであれば一括して買取をしてもらうのがおすすめです。あまり値段がつかないルアーであっても、まとめての買取の場合プラス査定がつくことがあります。それにプラスしてロッドやリールも出すと、より買取価格があがる場合があります。また、もしそれぞれ付属品があるのであれば、お手持ちの分全てつけておくのが大事です。付属品で値段が変わることはよくあり、それでプラス査定が出るケースは非常に多いです。付属品が汚いから捨てた、というのはもったいないもの、状態はともかくまとめて出しておくのがおすすめです。  



ルアー買取